わきが・多汗症

わきがや多汗症の手術といえば、メスを入れて該当する汗腺を除去するものというイメージが強かったです。しかし、最近はボトックスを使って日帰り手術ができるようになっています。ボトックスの場合は、手術というよりかは、注射なので、とても手軽に利用することができます。ボトックス注射をワキにすることによって、汗腺の働きが弱まります。ワキガや多汗症の人は、汗腺の数が人よりも多いなど、生まれながらにして、そのような状態になりやすい場合が多いのです。しかし、ボトックスを使って汗腺の働きを弱めることができれば、汗の分泌についても抑制できる可能性が高いのです。

ワキガの臭いの原因を突き詰めてみると、やはり問題になってくるのは汗腺からの汗なので、汗に臭いがついてしまう前段階で抑えてしまえば、臭いについては劇的に改善される可能性があります。ボトックスは、永続的に効果を得られるものではないのですが、ワキガの場合は夏に異常に臭いが強くなるなど、季節によって症状に差が出てくる場合も多いです。そのため、症状が軽度な人は気になる季節のちょっと前にボトックス注射を使って、ワンシーズンを乗り切るというような使い方もすることができます。