バストアップ施術

バストアップは美容整形ではかなり知名度の高い施術になっておりますが、技術が進化した現代においては、かなり色々な方法が確立されております。バストアップの美容整形といえば、一昔前から現在まで広く使われている手法がバッグプロテーゼというものです。これは、シリコンバッグ導入法ともいえる方法で、多くの人が美容整形でのバストアップで思い浮かべる方法ではないでしょうか。シリコンの大きさや弾力も様々なものがあって、それぞれの希望のバストを目指せることからも、選択肢の広い施術といえるものです。

さらに、自らの脂肪をバストに注入するというものもあります。多くは体の余分な場所の脂肪を予め取り出して、それをバストに注入するものになっております。自分の脂肪を使うので、人体への親和性が高く、拒否反応などを最小限に抑えることができます。しかし、この方法は非常に難易度の高い方法でもあって、注入した脂肪がしこりになってしまうこともありますし、注入前の前段階をしっかりと行える技術の高い美容整形クリニックを選ぶ必要があるでしょう。こちらの脂肪注入は技術の進歩によって、たくさんの選択肢が生まれた方法でもあるので、色々と事前に調べてみるのもよいです。